頭皮のフケの種類と増える原因

頭皮のフケの種類と増える原因

ひとことでフケといっても、大きく分けると2種類に分かれます。1つは、乾燥性のフケ。もう1つは、脂質性のフケです。まず、乾燥性のフケの原因ですが、頭皮が荒れてしまったり乾燥することで発症するといわれています。季節の変わり目、シャンプーによる皮脂の取り除き過ぎ、もしくはシャンプーによるアレルギー性の皮膚炎、エストロゲンの減少などが主なきっかけとなるのです。

 

一方、脂質性のフケの原因ですが、免疫機能が低下する他、皮脂の分泌量の増加や最近の増殖などが関係してます。自分のフケがどちらのタイプなのかは、なかなか自己判断することができません。ある程度症状が進行しているならば、症状から判断することは難しくありませんが、一度皮膚科で診察を受けた方が無難でしょう。

 

頭皮が乾燥しているのか、皮脂が過剰分泌されているのかでは、処方される医薬品は大きく異なってくるからです。しかし、共に共通しているのは、極度に肌の内側が乾燥し、頭皮のターンオーバーが乱れているということでしょう。つまり、乾燥性のフケも脂質性のフケも、頭皮環境が悪く乾燥していたり代謝が低下してくると、フケが多くなってしまうのです。

 

もしも軽度の症状であれば、頭皮を常に清潔に保ち、美容液を使用して頭皮から保湿成分を浸透させるようにしましょう。1回から2回程度使用したくらいでは、全く効果を実感できないものですが、1週間から2週間と日が経つにつれて、効果を感じるようになるはずです。