ガン予防に効果を発揮するDHA・EPA

ガン予防に効果を発揮するDHA・EPA

日本人の死亡原因として代表的なものがガンです。ガンの原因になっているものは様々で食生活が欧米化したことが大きな原因となていると言われています。

 

動物性脂肪を過剰に摂取することでガンになるというのは多くの人が知っていることであり、では植物性の油であればと考える人もいるでしょう。

 

ですが植物性の油に含まれるリノール酸は過剰に摂取することで細胞をガン化させるプロスタグランジンなどの物質を生み出してしまうので多量な摂取は悪影響になってしまいます。

 

リノール酸などのオメガ6系の脂肪酸がガン発症率を上げるとなればリノール酸の働きを抑制するDHAやEPAを摂取することでガンの発症を抑制することが出来ます。

 

リノール酸を過剰に摂取することで乳ガンの発症率が上がると言われています。

 

実際に海外で行われたオメガ3系の脂肪酸の調査では、ガンになった女性はそうでない女性に比べて普段からDHAやEPAを摂取する量が少なく、乳房の組織のDHA量も少なかったとされています。

 

日本では子宮頸がんの調査で魚を食べる頻度が低いほど子宮頸がんによる死亡率が高くなることがわかってるのです。

 

またオメガ3系の脂肪酸はガンを発症してからのガン細胞の増殖や転移を防ぐ働きも持っており、ガンを発症すると懸念されるのが増殖や転移であります。

 

そのようなことからオメガ系3の脂肪酸であるDHAやEPAを食事などで積極的に取り入れることでガンを防ぐことができ、実際にガンを発症しても再発などを防ぐことができるのではないでしょうか。