関節リウマチを緩和するDHA・EPA

関節リウマチを緩和するDHA・EPA

脳の機能向上や視力回復効果、生活習慣病の予防やダイエット効果などDHAやEPAには様々な効果があり、今上げたもの意外にも豊富な効果や効能があると言われています。

 

DHAやEPAはオメガ3系に分類される脂肪酸であり、サンマや鯖、鮭やマグロ、ブリなど季節によって脂の乗る時期に多く含まれています。

 

DHAやEPAを含む魚を積極的に取り入れることで健康や美容、若々しさなどを維持することができ、オメガ3系の脂肪酸は体内に入ると酸化しやすいのでDHAやEPAを効率的に取り入れたい場合には抗酸化作用のあるゴマや緑黄色野菜を一緒に食べるとよいでしょう。

 

DHAやEPAには様々な効果や効能があるのですがあまり知られていないのがリウマチの症状を緩和する効果です。

 

実はこれアメリカでは常識となっており、日本では血管や血液に作用することの方が取り上げられることが多く、リウマチへの効果はあまり浸透していないのです。

 

関節リウマチは関節に炎症が怒ることで痛みだけではなく関節が変形してしまうこともある病気であり、関節リウマチに関してはまだわからないことも多く遺伝やホルモン、薬物や化学物質、ストレスなどが原因になっているとも言われています。

 

DHAが関節リウマチに効果があるとされる理由は関節リウマチによる炎症の原因である物質をDHAが抑制するからであり、症状を緩和することができます。

 

また調査結果では魚を食べる人ほど関節リウマチになる確率が下がることが分かっており、日本でも今後はDHAやEPAの関節リウマチの効果に注目が集まるのではないでしょうか。